« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月27日 (日)

上野動物園

昨日は娘と上野動物園へ行きました。

動物園には娘と二人でよく行きます。やっぱり生きた動物を間近で見るというのは子供にとってかなり刺激的な経験のようで、随分前のことでも動物園でのことはよく覚えています。

「サイさんがおしっこした」とか、「ゾウが草を食べていた」とか、「ライオンさんがガオーっといった」とか。

娘は今のところ大型の草食動物がお好みのようで、ゾウ・サイ・カバ・キリンあたりがはずせないところです。さらにホッキョクグマはどの動物園でもじっくり見ます。

昨日の上野動物園は休日なのにガラガラ。ホッキョクグマもゆっくりじっくり観察できました。北極に暮らす陸上最大の肉食獣であるホッキョクグマは、人間の暮らす世界とはかけ離れた生き物です。孤高の雰囲気を漂わせつつ、結構愛嬌もあって見ていて飽きません。

まずはその泳ぎ。背泳ぎターン。

0912261

水から上がって、ブルブルブル。娘は大喜び。

0912262

こっちがメス。あんまり落ちつきがありませんね。。。

0912263

くたびれてますが、こっちがオス。巨体からかもしだされる威厳はなかなかのもの。

0912264

上野動物園のホッキョクグマのコーナーでは時々壁の穴からリンゴが池に投げ込まれます。それに合わせてクマが水に飛び込む時はすごい迫力です。娘もそれを見るまでは帰りません。

ホッキョクグマの豪快なダイブをみたあと、満足そうに「またくるねー」といってやっとその場を離れました。三時間以上楽しんで、娘はタダ、わたしも600円という安さ。動物園は偉大だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

1ヶ月点検

メガーヌの1ヶ月点検に行ってきました。

1ヶ月で走行距離は900キロ。結構走りました。

まずインテリアではポータブルナビをつけました。その上防犯装置の電源もシガーソケットを二股にしてとっています。その後、純正オーディオ用iPodコネクターを購入し、グローブボックスの中を通してつなげてあります。ご覧通り配線がごちゃごちゃです。。。

P0912251

iPodコネクターは「Connects2」というメーカーのもので、純正オーディオのCDチェンジャー用の端子を使いiPodを操作するものです。(実際は私はiPhoneをつないでいるので、さらに変換用アダプターを間にかませています。)このコネクタ類は海外から通販で購入。iPodのプレイリストをステアリングのオーディオ用リモコンで選択できますし、その中の曲を選んだり、もちろん音量調節もできます。(アルバムを個別に選ぶことはできません。)

さらに、「Richter」というメーカーのマウントとiPhone用ホルダーをエアコン吹き出し口に付け、iPhoneを操作できるようにしました。(もちろん停止中にね。)これはオートバックスで購入。

以上、買いそろえるのも取り付けるのも結構苦労しました。ディーラーにほとんど同じ商品があったのですが、かなりお高かったので自分でやってみたのですが。。。

エクステリアはほとんどさわっていません。後ろ姿が寂しかったので、リボンマグネットの交通安全のを貼ったのと、一応フランス車という主張もしたくてユーロの国識別ステッカーを貼ったくらいです。

P0912254

ドライブ・セーフ・ドライブ・スマート売上の一部が財団法人交通遺児育成基金へ寄付されるリボンマグネット【ピンクリボン・レッドリボンに代表されるリボンのカタチ 車に貼って支援する!!】Drive Safe Drive Smart交通安全 ドライブ・セーフ・ドライブ・スマート売上の一部が財団法人交通遺児育成基金へ寄付されるリボンマグネットDrive Safe Drive Smart交通安全

販売元:リボンマグネット公式ストア
楽天市場で詳細を確認する

さて、点検中に(新型)カングーに試乗してみました。しかも試乗車は大好きな赤。か、かわいい。

フランスの郵便自動車はカングーだそうですが、まさにそんな雰囲気です。車内は広く、イスもたっぷり。若干車重があるのでのろのろしていますが、この車で飛ばす人もいないでしょう。子供が増えたらこっちにしようかなと思いました。もう少しパワーがあって内装が良くなるといいなとも思いましたが、それじゃあ日本のミニバンと変わらなくなってしまうか。。。

P0912252_2

点検は特に異常なし。洗車もしてもらってキレイになりました。

P0912253

最後にメカの人に配線のこと(隠蔽にできないか)聞いてみましたが、結局シガーソケットの分岐で対応するのが無難とのこと。うーん、どうしたものか、あんまり頼りにはならなさそうなので、また自分でチャレンジしてみますか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようこそ桜の季節へ

桜の初(そしてコンビとしては最後の?)DVD「ようこそ桜の季節へ」が昨日届きました。

正直、「エヴァ」ネタ以外の二人のネタを見るのは初めてだと思いますが、想像よりずっと良かった。

二人ともがんばっていました。ネタは稲垣さんが作っているみたいだけど、かなり練られていておもしろいです。思わず笑ってしまうところも多々あり、最後はエヴァ漫才(漫才とはいえないか。。。)でも楽しませてもらいました。増田さんも持ち味でていたなあ。二人揃ってのネタがもう見られないと思うと。。。

特典映像も稲垣さんのベリーダンス体験、増田さんのメイド体験共に楽しめました。やっぱり素の二人の掛け合いは(ファンとしてのひいき目もあると思いますが)楽しめます。

もう、いまさらですが二人のコンビは絶妙です。最後の公演も見てみたかった。TVでももっと二人を見たかった。残念だけどこれからも二人にはそれぞれの道で活躍してもらいたいと思います。

ようこそ桜の季節へ [DVD] ようこそ桜の季節へ [DVD]

販売元:よしもとアール・アンド・シー
発売日:2009/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

クリスマス祝会

週末に娘の保育園では「クリスマス祝会」が行われました。

娘の保育園は明治にシスターたちが創設した歴史を持っていて、今でも乳児院(さまざまな理由で親元を離れた子供たちが暮らしています。)や子育て支援センターを併設しています。そして創立の理念を大切にしてキリスト教の行事は比較的熱心に行われています。

窓には手作りのステンドグラス。

0912221

産休・育休中の先生たちからはきれいなお花が。

0912222 

予定通りならこの保育園でのクリスマスは今年が最後です。短い間でしたがとってもお世話になったし、とーーーっても気に入っていた園なのでちょっとさびしい気持ちになります。娘はまだ引越しすることがどういうことか(お友達や大好きな先生たちとお別れです。)わかっていませんが。。。

さて、「クリスマス祝会」は父母を呼んで子供たちとともにキリストの誕生をお祝いする会で、メインイベントは年長さんのキャンドルサービスと全園児参加のキリスト降誕劇です。

去年は娘たち1歳児クラスは「お星さま」役でしたが、今年は2歳児クラスで「羊」役または「天使」役です。大人はどう考えても「天使」役がいいと思ってしまいますが、娘本人はどうしても「羊」がやりたかったようで、固い意志で「羊」役を演じました。

去年は舞台に上がると緊張して固まっていましたが、今年は上手に羊のダンスを踊っていました。成長を実感!

先生たちも自らアトラクションを演じたり、サンタクロースの飛び入り参加もあり、子供たちには楽しい一日だったようです。わたしたちも本当によい園にめぐり合ったことを実感させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

ヘルシンキのおすすめ!その3

今回はホテルのおすすめ。

6.スキャンデックホテル・シモンケンタ http://www.scandichotels.com/Hotels/Countries/Finland/Helsinki/Hotels/Scandic-Simonkentta/

スキャンデックホテルグループは北欧系のホテルチェーンで、北欧各国各都市にあります。高級なところもあればビジネスホテルのようなところもあり、はっきりいってチェーンとはいってもあまり統一感はありません。ネットで予約ができて、比較的田舎にもあり、北欧旅行に行った方は一度は泊まったことがあるのでは?

シモンケンタ(正確にはシッモンケンッタ?)はヘルシンキの中央駅から坂を上ってすぐのところ。駅前の商業施設とも接しています。立地は便利ですし、建物も新しくきれいです。部屋もすっきりしていて落ち着きます。そして比較的リーズナブルなのも魅力。日本の旅行社でも予約可能。

そして、いかにも北欧的な朝ご飯もうれしいです。(三日であきるけど。。。(笑))

0912181

0912182

7.クラウス・K http://www.klauskhotel.com/

クラウス・コーと読むらしいです。デザイン地区にあるこぢんまりしたデザインホテル。はっきりいってやりすぎなくらいカッコつけてます。最近の日本の北欧風店舗デザインの元ネタではと思われます。丸太の白樺が林立したダイニングの雰囲気は今年の「フィンランド・カフェ」ともそっくりです。。。(笑)

食器はティーマを中心にイッタラとアラビアでそろえられていましたが、茶色のソーサーに水色のカップを合わせたり、そのセンスは参考になります。「やさしい感じ」だけが北欧デザインじゃないぞと。

泊まってる人もデザイン関係が多いみたいでみなお洒落さんです。デザインショップ巡りの拠点にはうってつけですし、アラビアやハカニエミへのトラムも目の前から乗れます。宿泊料は高めですが、レストランやバーだけでも寄ってみるとおもしろいと思います。ネット予約可能。

0912183

0912184 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

ワゴン車って、

使える。

週末は家の用事で、あちこちといろいろなものと人を運びました。5人乗ってもまだまだに荷物がつめて、メガーヌ・ワゴンは大活躍でした。

特に使いやすいなあと思ったポイントは、バンパーと荷室の段差がないところ。重いものや大きなものをのせるのにはとても便利ですね。

0912141

それから、ソニーのポータブル・ナビも位置のズレはほとんどなく、家に持って帰って行き先を設定できたり、使えます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

ハンドメイドではありませんが。

小さいうちから家族の食卓で一緒に食事をさせよう、きちんと椅子に座らせようと、一年ほど前に椅子屋さんに頼んで作ってもらったものです。

0912101_2

椅子自体はナラ材のオーソドックスな子供椅子です。座面にはこちらから送ったマリメッコのビニールコーティング生地を張ってもらいました。仕上げは蜜蝋仕上げにしてもらいました。

Yチェア(ナラ、ソープフィニッシュ)と並んでも、同素材なのでよい感じです。ちなみにトリップトラップよりは安上がりだったりします。。。

娘もとてもお気に入りの様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

ポータブル・ナビ

メガーヌにはナビは付いていませんでした。ヨーロッパ車が大体そうであるように、そもそもナビを付ける場所がありません。。。

オーディオのデザインもシンプルで全体の雰囲気にあっているし、ハンドルのリモコンで操作できて便利なのではずしたくない。それにオーディオのスペースでは下過ぎて運転中に見るのは危険な気もします。

0912091

わたしの場合、ナビって現在地を確認するのが主であんまり使いません。もう一つ、前の車でナビを車上荒らしに取られるという悲しい思い出があって、高価ものは付けたくないのも正直なところ。

とはいうものの、現在位置が確認できず、どっちの方角に向かっているか分からないのも結構不便に感じていたので、値段が下がったタイミングでポータブル・ナビを買ってみました。ポータブルならはずしておけば盗まれることもないし。

VICSが付いていないという(大きな)欠点はありますが、デザインで選ぶとやっぱりソニーになってしまいました。

見た目はiPhoneが一回り大きくなった感じで、なかなかカッコイイです。タッチパネルもiPhoneと同じ静電式。取付は吸盤式です。

SONY パーソナルナビゲーションシステム U75 NV-U75 SONY パーソナルナビゲーションシステム U75 NV-U75

販売元:ソニー
発売日:2009/11/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

問題はどこに付けるかですが。。。

時計と外気温とオーディオの表示パネルの前にちょうど吸盤が入るスペースがあります。そこにクレードルを付けて。。。

0912092

設置完了。

0912093

ラジオの選局とCDのトラックは(運転席からは)見えなくなりましたが、手元で曲送り(または選局)してお目当ての曲(局)で止めれば済むことです。

0912094

安全かつ見やすい設置場所があってよかった。はたしてポータブル・ナビの能力はいかほどか、実際に使って確かめます。あとは電源を隠蔽にする方法を検討したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

残念だなぁ。

いよいよ桜の「桜の季節~増田倫子卒業公演~」(12/10)が近づいてきました。行ける人うらやましいです。

関東ではほっとんど無名ですが、関西では稲垣早希さんが「ロケみつ」でブレイク中でした。その人気にあやかって最近TBSで放送が始まったばかり。一方、相方の増田倫子さんは今年いっぱいで卒業・引退を決意。まさにブレイク寸前のことで残念です。私としては、関東進出してくれば貴重な女性芸人コンビとして必ず受け入れられると思ってきたのですが。。。

桜を知って半年あまり、主に某動画サイトで桜を追いかけてきました。子持ちのオジサンには関西まで若手芸人を追いかけていく余裕も気力もなかなかありませんでした。でも最後くらいはと思っていたのですが、チケットは即時に完売。まあ、平日の夜に大阪まで行くのは現実的ではなかったのですが。。。

ここへきて、増田倫子さんのブログ更新が頻繁なって稲垣・増田の掛け合いが少しでも垣間見られるのは嬉しい限り。私は12/23発売の最初で最後のDVDを見て名残惜しもうと思っています。

倫子さん最後まで走りきってね!

それから今晩の「侍チュート」に稲垣さんが出るようです。

ようこそ桜の季節へ [DVD] ようこそ桜の季節へ [DVD]

販売元:よしもとアール・アンド・シー
発売日:2009/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

ヘルシンキのおすすめ!その2

ふたたび、ヘルシンキのおすすめをご紹介します。

2.キアズマ(国立現代美術館) http://www.kiasma.fi/

わたしの好きなアメリカ人建築家のスティーブン・ホールが設計した美術館です。ヘルシンキ駅のすぐそばに異彩を放ちつつ建っています。

とにかくすべてがカッコイイ。三次元的なカーブを描く外観も魅力的ですが、内部空間は圧倒されます。細かいところまでデザインされており、全力投球というか直球勝負というか、建築家のやりかったことが十二分に表現されていると思います。

昨今もてはやされているシンプルで禁欲的なデザインの建築ではなく、建築の楽しさを堪能できます。ある意味スティーブン・ホールはアアルトの後継者といっていいなぁ、とも思わせます。

展示会の中身は現代美術が多く、とっつきにくいかもしれませんが、建築をみるだけでも訪れる価値有りです。そして建築やデザインに対するフィンランド国民の懐の深さにはただただ感心します。

写真のエントランスホールは圧倒されます。

0912071

カフェもミュージアムショップもおすすめです。

0912072

3.デザイン博物館 http://www.designmuseum.fi/

ヨーロッパの辺境の小国といってよいフィンランド。でもデザインでは世界に冠たる大国です。ガラス・陶芸・木工などのクラフト的作品から家具やテキスタイルのプロダクトデザイン、そして建築。あらゆる分野で世界的作家を生み出してきましたし、今も活躍しています。

そんなフィンランドデザインの歴史を展示する博物館。比較的国内のデザイナーに焦点を当てた展覧会が多く、巨匠の名品の実物を見られるかも。また過去の展覧会のカタログもマニアには一見の価値ありです。

4.デザイン・フォーラム http://www.designforum.fi/

フィンランド・デザイン協会?の施設ですが、ショップには「フィンランドデザインの今」を代表する作品やプロダクトが販売されいいて興味津々。奥のギャラリーでは積極的に展示が行われているのでそちらも。

0912073

デザイン・フォーラムとデザイン博物館の一帯はデザイン・ディストリクト(デザイン地区)として有名ビンテージ・ショップからデザイン・ホテルまでが集まっていて、街全体がデザインを中心に盛り上がっています。この一帯だけで一日楽しめます。

5.アラビア・センター(美術館・ファクトリーショップ)

0912074_2

定番ですがはずせないスポット。アラビア発祥の地であり今も生産が行われています。次回は是非工場見学に参加したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

車でおでかけ。

ルノー・メガーヌが来てからというもの、でかけるのはいつも車になってしまいました。いままで滅多に行かなかったところにちょくちょくでかけています。

今日も、娘とふたりでららぽーと豊洲へ。ここなんか車がないとまず来ないです。

天気も良く家族連れでにぎわっていました。お昼は中華料理屋で娘には肉まん・エビワンタン麺・ニラまんじゅうをたべさせてみました。こぼしもせずモリモリ食べる様子は頼もしいかぎり。これも保育園教育のおかげ。でもネギはきらい。(笑)

食後は中庭でイベントで来ていた子供列車にのせてもらったり、屋外ステージの歌を聴いたり。最後はソフトクリームを食べて大満足。帰りの車の中で爆睡でした。

娘も車がある生活を楽しんでいる様子で、すこしうれしかったです。今度は自然の中へ連れ出したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

ヘルシンキのおすすめ!その1

今回は、ヘルシンキのおすすめスポットを紹介します。フィンランドと聞いてオーロラとサンタクロースしか思い浮かばない人にもフィンランドデザインの良さを知ってもらいたいです。ヘルシンキではこんなところにも寄ってみてはいかがでしょうか?

1.マリメッコ本社・工場

ヘルシンキではいたるところでマリメッコを見かけますが、マリメッコ好きなら本社・工場のファクトリーショップをおすすめします。マリメッコの生地は今も昔もここで生産されています。

行き方はかなり分かりづらく、メトロのHerttoniemi駅から徒歩約10分。郊外の工場地帯に素っ気なく建っています。住所は、

KIRVESMIEHENKATU 7、00880 HELSINKI
この辺です。

本社・工場の外観です。「marimekko」の看板の下の小さな扉がファクトリーショップの入り口。

0912041

0912042

店内には大量の端切れ・B級品コーナーがあります。アパレルもアウトレットを中心に充実。

0912045

0912044

こちらは正規品のコーナー。

0912043

マリメッコはフィンランド国内でもかなり高価ですので、こうしたアウトレットは貴重です。

そもそもマリメッコをカーテンなど大量に使う人はあまりいないと思いますので(とんでもなくお金がかかりますから)、意外と端切れでも十分だったりします。B級品も見た目はほとんどかわりありません。アウトレットはハカニエミ・マーケットにもあるそうですが、ここは本社の雰囲気もあじわえるし、品揃えも豊富です。妻はここで半日を費やしました。。。

(注:2006年夏に訪問したときの情報です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

娘を寝かしつけていたら、

自分も寝てしまいました。。。変な時間に目が覚めました。

寝かしつけるのはなんとなく交代でやっていますが、妻もわたしも寝てしまうことが多いです。最近娘はなかなか寝ないので、苦労します。一緒に寝てしまうのが一番てっとり早かったりします。

でも、娘が寝たあとの夫婦の時間(会話です会話。)ももう少し大切にしなくちゃいけないなぁと、反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

ビンテージ

カフェ:アアルトのビンテージコーナーに触発されたわけではありませんが、わたしのお気に入りビンテージをご紹介。

ひとつめはティーマ(元アラビアブランド、現在イッタラブランド)のコーヒーポット。

0912011_2

いくつかティーマ・シリーズを持っていますが、これは現在生産されていないモデル。結婚祝いにいただいたものです(当時は現行モデルでした。)。実際コーヒーをいれるのに毎日使っています。でもフタを割ってしまったりしたらもう手に入らないのだと思うと少し気を使います。

カイ・フランクがデザインのベースを作ったティーマ・シリーズは、形もシンプルで和洋中なんの料理にも合い、オーブンから電子レンジや食洗機にも使えて、とても重宝します。色や形、大きさもいろいろあって集める楽しみもあります。そして、時々モデルが入れ替わるので自然とビンテージものが集められます。

わが家ではこのコーヒーポットが白だったので他のティーマも白でそろえています。

ふたつめはバレンシア(アラビア)のコーヒーカップ。

0912012

バレンシア・シリーズはアラビア製品ではフィンランド国内でハンドペイントを施した最後のシリーズだったと思います。これは2006年にヘルシンキのビンテージショップ「BISARRI」で買ったものです。

ガサッと置いてある中からカップとソーサーをそれぞれふたつづつ選んできました。若干絵付けがにじんでいるところもあり、色がつぶれているところもあり。でもそれがハンドペイントの魅力だと思っています。当時のレートで確か1脚1万円はしなかったと記憶しています。現在はもっと高くなっているようですが。

これを買ったのにはわけがあって、わたしの実家には80年代初めに父母がフィンランドから買ってきたバレンシアの大皿がいくつかあるのです。そのためこのシリーズにはとても愛着があります。子供の頃、お客がきたり、お祝いの席ではバレンシアの大皿が登場したものです。

じっくりゆっくり気に入ったものだけをこつこつ買いたしていく、そんな自分の人生や、時には親子の歴史を通して大切にし続けることにこそビンテージ(アンティーク)の醍醐味があるように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »