育児

2010年2月10日 (水)

転園先決定!

あー良かった。娘の保育園の転園先が決まりました。

しかも第一希望。

今回も私立園です。キリスト教系です。雰囲気もどことなく今の園に似ているので娘も馴染みやすいと思います。保育園に関しては、個人的意見ですが、私は私立園を強く強くお勧めします。理由はいろいろありますが、それはまた今度。

とにかく決まって良かった。これが決まらないと引越自体が宙に浮いてしまいかねませんでした。

引越の見積もとり、新しい住所も決まり、今の家の退去届けも出し、いよいよ年度末の引越へむけて着々と準備が進んでいます。それにしても年度末の引越は高い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

アンパンマンこどもミュージアム

週末は娘を念願の「横浜アンパンマンこどもミュージアム」へ連れて行きました。

自分があんまりその手が好きではないので、動物園や公園や自然の中へは積極的に連れ出しますが、いわゆるテーマパークや遊園地の類へ連れて行くのは初めてかもしれません。

昼前に到着してみると駐車場はすでに一杯。近隣の駐車場に止めていざ入場です。ミュージアムにはあらゆるアンパンマングッズがそろうショッピングモールが付属しているのですが、かなりの人出です。お昼ご飯を食べようとしてもどこも行列。

結局、私たちが入ったのはアメリカンダイナー風の「ドキンズ・ハートシェイプ・カフェ」。ドキンちゃんをテーマにしたカフェです。私はハンバーガー(¥980+コーヒー¥200)を娘はハート形のフレンチトースト(¥800+ジュース¥200)を頂きました。値段も味も想像以上に満足度高かったです。ハート形のトーストに娘は大喜び。

1002032

1002031 

食事後はミュージアムへ。

内部はアンパンマンの世界を再現したジオラマや模型、キャラクターの等身大の人形などが展示されています。人が多くてテーマーパーク慣れしていない娘はアトラクションなどに近づけません。。。それでも良くできたバイキン城の模型をのぞき込んだり(中にはちゃんとバイキンUFOが!)、アンパンマン号のミニチュアに乗せてもらったりしました。

1002033

1002034 

雰囲気と他の子供たちの熱気に押され、少々うろたえ気味の娘。。。

突然登場したアンパンマンとジャムおじさんにも子供たちとその親たちが殺到して近づけず。。。

1002035

最後はシアターでアンパンマンとバイキンマンのショーを見ました。最初は着ぐるみのアンパンマンにびっくりしていた娘ですが、最後は戸惑いながらも他の子供たちと一緒に踊りを踊って、歌も小声で歌ってました。

1002036

その名も「ジャムおじさんのパン工場」でアンパンマンとカレーパンマンとメロンパンナ(当然ですが、アンパンとカレーパンとメロンパンです。各¥300)をおみやげに買って、家路に。

こういうところが初めてだったので緊張しちゃったみたいですね。はたして楽しんでくれたのでしょうか??でも帰ってから母親に楽しそうに報告していたから、印象深かったのは確かでしょう。

ちなみに、駐車場は少ないですし、有料です(¥500/1時間)。平日なら近隣の大型コインパークがお得(平日最大¥1500)ですが、休日は電車の方が良いかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

上野動物園

昨日は娘と上野動物園へ行きました。

動物園には娘と二人でよく行きます。やっぱり生きた動物を間近で見るというのは子供にとってかなり刺激的な経験のようで、随分前のことでも動物園でのことはよく覚えています。

「サイさんがおしっこした」とか、「ゾウが草を食べていた」とか、「ライオンさんがガオーっといった」とか。

娘は今のところ大型の草食動物がお好みのようで、ゾウ・サイ・カバ・キリンあたりがはずせないところです。さらにホッキョクグマはどの動物園でもじっくり見ます。

昨日の上野動物園は休日なのにガラガラ。ホッキョクグマもゆっくりじっくり観察できました。北極に暮らす陸上最大の肉食獣であるホッキョクグマは、人間の暮らす世界とはかけ離れた生き物です。孤高の雰囲気を漂わせつつ、結構愛嬌もあって見ていて飽きません。

まずはその泳ぎ。背泳ぎターン。

0912261

水から上がって、ブルブルブル。娘は大喜び。

0912262

こっちがメス。あんまり落ちつきがありませんね。。。

0912263

くたびれてますが、こっちがオス。巨体からかもしだされる威厳はなかなかのもの。

0912264

上野動物園のホッキョクグマのコーナーでは時々壁の穴からリンゴが池に投げ込まれます。それに合わせてクマが水に飛び込む時はすごい迫力です。娘もそれを見るまでは帰りません。

ホッキョクグマの豪快なダイブをみたあと、満足そうに「またくるねー」といってやっとその場を離れました。三時間以上楽しんで、娘はタダ、わたしも600円という安さ。動物園は偉大だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

クリスマス祝会

週末に娘の保育園では「クリスマス祝会」が行われました。

娘の保育園は明治にシスターたちが創設した歴史を持っていて、今でも乳児院(さまざまな理由で親元を離れた子供たちが暮らしています。)や子育て支援センターを併設しています。そして創立の理念を大切にしてキリスト教の行事は比較的熱心に行われています。

窓には手作りのステンドグラス。

0912221

産休・育休中の先生たちからはきれいなお花が。

0912222 

予定通りならこの保育園でのクリスマスは今年が最後です。短い間でしたがとってもお世話になったし、とーーーっても気に入っていた園なのでちょっとさびしい気持ちになります。娘はまだ引越しすることがどういうことか(お友達や大好きな先生たちとお別れです。)わかっていませんが。。。

さて、「クリスマス祝会」は父母を呼んで子供たちとともにキリストの誕生をお祝いする会で、メインイベントは年長さんのキャンドルサービスと全園児参加のキリスト降誕劇です。

去年は娘たち1歳児クラスは「お星さま」役でしたが、今年は2歳児クラスで「羊」役または「天使」役です。大人はどう考えても「天使」役がいいと思ってしまいますが、娘本人はどうしても「羊」がやりたかったようで、固い意志で「羊」役を演じました。

去年は舞台に上がると緊張して固まっていましたが、今年は上手に羊のダンスを踊っていました。成長を実感!

先生たちも自らアトラクションを演じたり、サンタクロースの飛び入り参加もあり、子供たちには楽しい一日だったようです。わたしたちも本当によい園にめぐり合ったことを実感させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

ハンドメイドではありませんが。

小さいうちから家族の食卓で一緒に食事をさせよう、きちんと椅子に座らせようと、一年ほど前に椅子屋さんに頼んで作ってもらったものです。

0912101_2

椅子自体はナラ材のオーソドックスな子供椅子です。座面にはこちらから送ったマリメッコのビニールコーティング生地を張ってもらいました。仕上げは蜜蝋仕上げにしてもらいました。

Yチェア(ナラ、ソープフィニッシュ)と並んでも、同素材なのでよい感じです。ちなみにトリップトラップよりは安上がりだったりします。。。

娘もとてもお気に入りの様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

車でおでかけ。

ルノー・メガーヌが来てからというもの、でかけるのはいつも車になってしまいました。いままで滅多に行かなかったところにちょくちょくでかけています。

今日も、娘とふたりでららぽーと豊洲へ。ここなんか車がないとまず来ないです。

天気も良く家族連れでにぎわっていました。お昼は中華料理屋で娘には肉まん・エビワンタン麺・ニラまんじゅうをたべさせてみました。こぼしもせずモリモリ食べる様子は頼もしいかぎり。これも保育園教育のおかげ。でもネギはきらい。(笑)

食後は中庭でイベントで来ていた子供列車にのせてもらったり、屋外ステージの歌を聴いたり。最後はソフトクリームを食べて大満足。帰りの車の中で爆睡でした。

娘も車がある生活を楽しんでいる様子で、すこしうれしかったです。今度は自然の中へ連れ出したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

娘を寝かしつけていたら、

自分も寝てしまいました。。。変な時間に目が覚めました。

寝かしつけるのはなんとなく交代でやっていますが、妻もわたしも寝てしまうことが多いです。最近娘はなかなか寝ないので、苦労します。一緒に寝てしまうのが一番てっとり早かったりします。

でも、娘が寝たあとの夫婦の時間(会話です会話。)ももう少し大切にしなくちゃいけないなぁと、反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

転園

今日、妻が区役所に行って娘の保育園の転園願いを出してきました。

この問題があったので、転居は三歳の4月しかないだろうと、随分以前から準備してきました。保育園は三歳児クラス(幼稚園でいう年少クラス)から基準が大きく変わるので、大体の園で増員があります。

ただ、転居先の保育園事情は今住んでいる都心に比べると、あまりよろしくないようです。見学させてもらった上で第三希望まで提出しました。手続きは現在の地元区役所を通して転居先の役所に出すことになっていて、結果がでるのは2月になります。

かといって、転園先が決まらなかったらどうなるのか?都心の今の保育園に毎日通うのは現実的とはいえません。そのときのことも考えていろいろ手は考えていますが、今は無事転園先が決まることを祈るばかりです。

現在の保育園事情では転居さえままなりません。。。保育園について書き出すときりがないので、それはまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

チリンのすず

休みに四谷三丁目のアンパンマンショップに行きました。娘はアンパンマンが大好きなので時々行っています。

「アンパンマン」については、娘が生まれるまではかなりばかしていたところがありました。でも、娘に絵本を読んでやっていると、特に原作者やなせたかしさんの作画のものは線と面の単純なグラフィックがなかなかよいものだと思うようになりました。

ディック・ブルーナと比較すれば、グラフィカルな部分では負けるかもしれませんが、ストーリーは断然すぐれています。

娘は店内で上映されていたDVDに見入っていましたが、私は新しい発見をして少々感激しました。

「アンパンマンショップ」はやなせさんのお店で、アンパンマン以外の作品も販売しています。その中に「やさしいライオン」と「チリンのすず」を見つけました。自分がこどものころ読んで心に残っている絵本が実はアンパンマンのやなせさんの作品だったなんて今まできがつきませんでした。

どちらも悲しい結末を迎える絵本で、ハッピーエンドに慣れたこども心には、とても印象深かったのを記憶しています。

ちなみに誰もがご存じの「手のひらを太陽に」の歌詞もやなせさんの作品です。こうした作者の懐の深さが、こんなにも長い間アンパンマンが愛されている要因だろうと思います。

単純なハッピーエンドに終わらず、おおげさにいえば「人生の哀しみと苦しみ」みたいなものも感じさせる、やなせたかしの真骨頂を、娘がもう少し大きくなった読んであげたいと思いました。

    

チリンのすず (フレーベルのえほん 27) チリンのすず (フレーベルのえほん 27)

著者:やなせ たかし
販売元:フレーベル館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

娘と晩ごはん。

今晩は妻が遅くなるので、娘と二人で晩ごはんです。
保育園に迎えに行ってそのまま外で食事して帰ろうかと思いますが、近所 に二歳児がよろこんで食べるようなお店が少ないのが困る。
結局、ファーストフードになることが多く、いけないなぁと思います。
それにしても、こどもってなんであんなにフライドポテトがすきなんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

IKEA | ブログ | ルノー | 北欧 | | 育児